【要注意】無利息キャッシングで一時的にお金を借りると、どうなる?

  • 「一時的にお金を借りるためには、どうしたらいい?」
  • 「一時的にでもお金を借りると、取り返しがつかない何かが起こる?」
  • 「無利息キャッシングを使いたいけど、なにか裏があるんじゃないの?」

 

無利息サービスで一時的にお金を借りるサラリーマン

 

一時的にしろ、お金を借りるという行為をすれば、必ず変化が起こります。

 

この変化は止められるものではなく、また場合によっては数年単位で尾を引くことも…。

 

これから一時的にお金を借りるつもりの方であれば、知らないと損をしてしまう可能性があります。

 

このページでは、一時的にお金を借りる時に知っておくと安心な知識や損をしないための方法をご紹介しています。

 

もしもあなたが「無利息サービスを使ってお金を借りたい!」「一時的にお金を借りるつもりだ!」という方であれば、今すぐ以下を読み進めて下さい。

 

 

↓安全な無利息キャッシング↓

 

【変化】一時的にキャッシングでお金を借りると、どうなるのか?

 

現実的な話として、たとえ一時的だったとしても、キャッシングでお金を借りることによって変化することがあります。

 

無利息サービスで一時的にお金を借りた男性

 

良くも悪くも、行動すれば変化や可能性、選択肢が増えるのが世の常です。

 

一時的にお金を借りると、どうなるのかについて解説します。

 

信用情報機関に記録が残る

 

あなたが一時的にお金を借りる為に、キャッシングに申し込みをしたとします。

 

すると、申し込みを受けたキャッシング会社がまずやること!

 

それが「個人信用情報機関への記録参照」です。

 

信用情報を確認する審査官

 

あなたの過去の信用取引は、以下の個人信用情報機関に詳細に記録されています。

 

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC(指定信用情報機関)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

 

キャッシング会社が、申込を受けて審査に入る段階で、必ず信用情報を参照して返済能力があるのかどうかを調査する義務があります。

 

貸金業者が個人である顧客等と貸付けの契約(極度方式貸付けに係る契約その他の内閣府令で定める貸付けの契約を除く。)を締結しようとする場合には、前項の規定による調査を行うに際し、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用しなければならない。

参照:返済能力の調査

 

そして、ここからが本題ですが、キャッシング会社があなたの個人信用情報を参照した時点で、その参照したという事実が記録に残されます。

 

そのあと、あなたが申込をして契約まで手続きが進めば、その日付や契約内容、毎月の支払い状況などが刻々と刻まれていくこととなります。

 

これが一時的にでもお金を借りることで起こる、一つ目の変化です。

 

いつでも限度額まで借りられる

 

一時的にお金を借りるために契約した場合でも、人によって異なりますが「借り入れ限度額」(貸付可能額)というものが付与されます。

 

キャッシング会社の融資担当者

 

この限度額は、初めてキャッシングに申し込んだ人の場合、一般的に10万円から50万円程度が付与されます。

 

個人の属性や過去の金融履歴、他者からの借り入れ状況などを調査したのち、返済能力に応じて貸付限度額が決められます。

 

この限度額に余裕があれば、あなたはいつでも銀行振込やATMからお金を借りることが可能になります。

 

これまでお金を自分の貯金額や勤務先から振り込まれた給与によってのみやり繰りしていた人の場合に、別枠でお金を引き出せる権利が得られる。

 

これが一時的にお金を借りると起こる、2つ目の変化です。

 

借入返済を遅延なく繰り返すとクレヒスの評価が上がる

 

一時的にお金を借りることが出来た場合には、そのあと必ず返済するという行動が起こります。

 

借りて返すという金融取引を行うことは、あなたの「クレジットヒストリー」にその記録が残っていくこととなります。

 

遅延や延滞などがない記録を刻んでいくことは、あなたの信用取引における評価を上げる事になります。

 

不必要なキャッシングは当然行うべきではありませんが、キャッシングを繰り返す行為をルールを守って行う限り、あなたのクレジットヒストリーには信用が積み上げられていきます。

 

このことは、基本的に生活上マイナスになることはなく、むしろプラス評価を得られることもあります。

 

逆に、遅延を繰り返したり、長期間の延滞事故を起こせば、あなたの信用に傷が入ることとなります。

 

信用情報機関に記録が残ることで、どうなる?

 

一時的にしろ、お金を借りるという行為をすれば、必ず信用情報機関に記録が残ることをご説明しました。

 

では、この記録が残ってしまうことで、あなたにどういった変化が起こるのか?

 

良いこと、悪いこと、いずれにしても何らかの影響を受ける事になるのか?

 

お金を借りたいと考えている人の多くが、この信用情報への記録が将来的にマイナスになるのではないかと心配されています。

 

住宅ローンへの影響

 

住宅ローンを組む際に、過去や現在の金融履歴を調査するために信用情報が参照されます。

 

住宅ローンの説明を受けるファミリー

 

この際に、過去に消費者金融から借り入れの記録が残っていると、住宅ローンに悪影響が出るのではないかと心配される方が多いようです。

 

実際のところ、影響があるかないかは本人次第といった感じになっています。

 

過去の信用情報だけでなく、その他の属性などによって総合的に判断されるためです。

 

ただ、信用情報に「遅延」「延滞」「強制解約」「債務整理」といった事故情報が残っていれば、当然ですが住宅ローンの審査においてマイナス影響を与えてしまいます。

 

強制解約や債務整理などの異動情報は、ブラックリストとして新たな各種ローンの契約を結ぶことは出来ません。

 

逆に、消費者金融の借り入れ履歴が残っていたとしても、返済済みであり、かつ延滞などの事故情報がなければ、特段マイナス評価をされることはないといわれています。

 

 

担当者によっては、事情を尋ねられることもあるかもしれませんが、借り入れしていた当時、なぜ借りる必要があったのかを正直に伝えれば問題ないでしょう。


 

住宅ローンの審査は、申し込む銀行によって独自の審査基準で実施されていますので、100%悪影響しないとは言い切れませんが…。

 

ただし、住宅ローンを申し込んだ時点で、消費者金融からの借り入れが残っていたり、契約が残っている状態(完済していても解約していない状態)である場合には、高い確率で影響がでます。

 

仮に完済していたとしても、解約の手続きが済んでいない状況であれば、先述した通り「いつでも借りれる状態」となっています。

 

この状態だと、住宅ローンの審査に影響が出るという意見が一般的に多く、心配な場合には解約手続きを済ませておく方が良いでしょう。

 

 

過去に一時的にでも消費者金融からお金を借りる行為をしたことがあれば、心象的に悪い印象を持たれる可能性はありますが、履歴が残っているというだけで即審査に落とされるという心配は不要です。


 

誰が記録を参照できるのか?

 

あなたの信用情報に関して、例えば会社の登記簿謄本のように誰でも開示請求ができるとしたら…。

 

あなたの信用情報を就職の際の面接官がチェックしたり、結婚しようと思った相手のご両親がチェックしたり、お金に関するリテラシーを調査するために非常に役立つ情報だといえます。

 

その情報の中に、一時的にお金を借りた記録が残っていれば、どうしても心象が悪くなってしまうことでしょう。

 

しかし、実際にあなたの個人信用情報を開示することが出来るのは「本人または代理人」もしくは「本人の同意を得た金融機関」だけです。

 

情報開示請求

 

一時的にお金を借りると、今後の生活で悪影響が出てしまうのではないか…。

 

そう心配される方も多いと思いますが、あなたの信用情報を参照できるのは「あなた又は代理人」もしくは「あなたが同意した信用情報機関に加盟している金融機関などの加盟会員」のみとなります。

 

また、加盟会員であっても情報の使用目的には貸金業法で厳しく制限がかけられていますので、あなたの信用情報を自由に使用することは出来ません。

 

加入指定信用情報機関から提供を受けた信用情報を返済能力等調査以外の目的に使用し、若しくは第三者に提供してはならない。

参照:目的外使用等の禁止

 

本人であれば1,000円程の手数料を払えば、いつでも開示請求をすることが可能です。

 

欧米では、信用情報を就職の採用試験の際に提出を求めるケースも多いようですが、現状日本では、個人情報保護法があるため難しいというのが一般的な見解となっています。

 

 

今後、どうなるかは分かりませんが、仮に就職試験で提出を求められるような時代が日本にも来たとして、事故情報など残っていなければ大きなマイナス評価になることはないでしょう。


 

記録はどのくらい残るのか?

 

信用情報機関に残される記録について、どの程度の期間、保持され続けるのでしょうか?

 

キャッシングの信用情報

 

一時的にお金を借りると、一生記録が残り続けるのでしょうか?

 

結論としては、代表的な項目での保持期間は以下の通りとなります。

 

    【目安】

  • 申込記録…6か月
  • クレジット情報…5年
  • 情報参照記録…6か月
  • 強制解約や任意整理…5年
  • 自己破産…5年から10年

 

クレジット情報の中には、契約日や契約商品の内容、支払い回数や返済日、返済残高などが含まれます。

 

借り入れを完済し、解約してから約5年間になりますので、解約していなければリアルタイムで契約中となり記録が残り続けます。

 

完済したら解約したこととはならないため、履歴を早く消したい時には解約の手続きを済ませておくことが必要です。

 

情報参照記録(利用記録)というのは、貸金業者が信用調査のためにあなたの信用情報を参照した記録のことをいいます。

 

利用した日より6か月が保持期間の目安とされています。

 

無利息サービスありの安全な大手キャッシング

 

一時的にお金を借りるのであれば、無利息サービスはぜひ活用したい特典です。

 

アプリで無利息キャッシングをする男性

 

プロミス

 

プロミスの無利息キャッシングを利用するためには、以下の条件をクリアする必要があります。

 

  • 初回申込であること
  • メアドとWEB明細登録を行うこと

 

プロミスの無利息サービスは、初回借り入れの翌日から30日間適用となります。

 

事前に準備しておきたい方にも、大手消費者金融であるプロミスのサービスは選ばれています。

 

大手の中でも、上限金利が17%代となっており、初回借り入れの方で少しでも安い金利で借りたいといった方にも最適です。

 

アイフル

 

大手消費者金融のアイフルでも、無利息キャッシングが可能となっています。

 

こちらは契約日翌日からの無利息サービス適用となっている点に注意が必要です。

 

すぐに借り入れる予定がある場合には、アイフルの無利息サービスを上手に活用しましょう。

 

SMBCモビット

 

SMBCモビットには無利息サービスはありませんが、大きな特徴があります。

 

それはWEB完結申込を利用すれば、勤務先への在籍確認の電話をカットでき、在籍を証明する書類の提出で対応してもらえる点です。

 

一時的にお金を借りるつもりだけど、会社に電話されるのは嫌だという方は、こちらを検討してみると良いでしょう。

 

 

在籍確認の電話については、「非通知」「個人名」「本人以外に用件は伝えない」といったプライバシー保護の対策がなされています。

 

基本的に勤務先に電話が入ることで、あなたがキャッシングをしていることを知られる理由にはなりません。


 

無利息サービスで損をしない為の上手な活用法とは?

 

一時的にお金を借りる場合に、大手キャッシング会社が提供する無利息サービスは非常に重宝するサービスです。

 

無利息サービス

 

しかし、使い方を間違えるとちょっとだけ損をしてしまうことも…。

 

これから一時的にしろ、そうでなくても、お金を借りるつもりの方には以下の3つのポイントを押さえて無利息サービスを活用されるといいでしょう。

 

無利息サービスの適用期間

 

無利息サービスには適用期間があり、多くのキャッシング会社が初回30日間と設定されてあります。

 

ただ、この無利息サービス30日間に関して、いつ適用がスタートするのかが重要です。

 

仮にあなたが、一時的にお金を借りるつもりだけど、借りたいのは1か月後、もしくは2か月後になるか分からないといった感じで、一先ずお金を借りるのは確実だから先に契約を済ませておきたい…。

 

そう考えておられるとしましょう。

 

その場合に、仮に無利息サービスの適用が「契約日翌日」からのサービスであれば、余裕をもって早めに契約したことが逆効果になってしまいます。

 

無利息キャッシングの適用期間を失敗した男性

 

契約を済ませた後、すぐに借入をせずに2か月がたち、そのころにお金を借りた場合には、当然ですが通常通りの利息が発生してしまいます。

 

契約して初回借り入れをするまでの2か月の間に、無利息サービスの権利が消失してしまっているからです。

 

契約をしてすぐにでもお金を借りるつもりであれば、契約日翌日からの無利息サービスでも損することなく活用が可能です。

 

しかし、すぐにお金を借りる予定はないけど、あとから急いで契約して落ちたりしたら困るから、事前に契約を済ませておこう…。

 

そういった考えの方の場合は、契約日翌日からではなく「初回借入時から」適用される無利息サービスを選ぶことが重要です。

 

初回借入時に無利息サービスが適用されるものであれば、契約後に慌てて借りなくても30日間なり決められた期間の無利息期間を享受することができます。

 

無利息サービスを適用する際に、スタートがいつからなのか?ということをしっかり確認して、あなたの使い方に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

1万円程の少額なら使わない

 

大手のキャッシング会社では、利息制限法の法定利息が規定されていますので、上限が年利20%を超える事はありません。

 

借入金額 10万円未満 10〜100万円未満 100万円以上
上限金利 年20% 年18% 年15%

 

消費者金融からお金を借りる、しかも一時的にお金を借りるという方の場合には、多くが100万円未満になるかと思われます。

 

そうすると、正規の貸金業者からの借り入れであれば、利息は年で18%もしくは20%が上限となります。

 

大手のキャッシング会社では、上限利息を18%に設定しているケースが多いのが現状です。

 

この時、もしもあなたが1万円を一時的に借りるとしましょう。

 

その場合の利息は、いくらになるでしょうか?

 

1万円を30日間、利息18%で借りた場合には、以下の計算式で求める事が可能です。

 

借り入れ金額×利息(0.18)÷365日×借りる日数=利息

 

この式に1万円を30日間借りた場合のケースを当てはめてみます。

 

10,000×0.18÷365×30=いくら?

 

この計算をすると、あなたが一時的に1万円借りた場合の利息が求められます。

 

この答え、実は「147円」になります!

 

利息147円

 

いかがでしょうか?たった147円しかかからないのです。

 

ここからが本題ですが、この147円の利息を0円にするために、無利息サービスを適用してしまうのはいかがでしょうか?

 

価値観は人それぞれです。

 

「私は今回1度だけ一時的にお金を借りるのだから、147円でも0円になるならOKだよ!」

 

そうおっしゃる方もおられるでしょうから、一概にはいえませんが、私などは2回目に借りる可能性があるのであれば勿体ないかもなぁって思います。

 

仮に10万円を30日間借りた場合には、上記の計算式で求めると利息が「1479円」となります。

 

20万円を30日間借りた場合には、「2.958円」となり、約3,000円となります。

 

残念ならが、無利息サービスをいつ適用させるかどうかは、そのサービス会社で決められているケースがほとんどです。

 

ですので、今回一度きりで1万円などの少額の借り入れであれば、無利息サービスがないキャッシング会社を利用しておくと損をしなくて済むかもしれません。

 

 

勿論、利息が高くなるように必要もなく無理やり高額な借り入れをして、無利息サービスで得する金額を多くしようとする考えは、本末転倒ですが…。

 

10万円程度の借り入れであれば、無利息サービスを適用して利用するのはお得だと思いますが、1万円など少額になればなるほど損をしてしまうかもしれません。


 

手数料0円の返済方法を選択する

 

無利息サービスを使って、利息をお得にしたとしても、借り入れや返済の際に手数料が発生してしまっては意味がないケースもあります。

 

コンビニのATM機

 

例えば、もし借り入れも返済も、コンビニのATMから行ったとした場合、手数料はいくら発生するでしょうか?

 

実は、コンビニATMで利用できる大手のキャッシング会社の場合には、以下の手数料が「必ず」発生するシステムになっています。

 

  • 1万円以内…100円+税金
  • 1万円超…200円+税金

 

仮にあなたが、コンビニATMでお金を引き出し、コンビニATMでお金を引き出したとします。

 

その額が5万円だったとしたら、手数料だけで200円+200円で400円(税抜き)支払うこととなります。

 

これでは、せっかく無利息サービスで利息を0円にしたとしても、先ほどの1万円の場合のように利息(147円)よりも手数料(400円)のほうが高くなってしまいます。

 

同じコンビニでも、知っていれば返済を0円に出来る方法があるなど、知らないと無駄に手数料を支払うことで損をしてしまう可能性があります。

 

以下に代表的な手数料0円にする方法を、借り入れと返済の場合に分けてご紹介しますので、ぜひご活用下さい。

 

 

返済を手数料0円にする方法

インターネット返済 提携する金融機関のインターネットバンキング手続きが済んでいることが条件であり、済んでいる場合にはキャッシング会社の会員ページから金融機関にログインして口座から引き落とし返済が可能となります。
口座振替 WEB完結を利用される場合に基本は口座振替(口フリ)の設定となります。自動で決められた日に毎月引き落としをしてくれるので、返済日の管理が楽で便利です。
自社ATM 自社ATMを持っているキャッシング会社であれば、そのATMまでいけば仮にローンカードが無くても返済が可能です。借入の際にはローンカードが必要となります。
マルチメディア端末 コンビニのマルチメディア端末(ファミリーマートのFamiポート)を利用すれば、「返済に限り」手数料0円で返済が可能です。利用には利用するキャッシング会社の「ローンカード」が必要となります。
店頭窓口 店頭窓口があるキャッシング会社であれば、店頭窓口で借り入れや返済を行うことで手数料を0円にすることが可能です。

 

借り入れ手数料を0円にする方法

  • 銀行振込
  • 店頭窓口
  • 自社ATM

 

コンビニATMや提携する銀行のATMなど、これら提携ATMを利用した場合には、借り入れでも返済でも手数料が発生します。

 

ですので、基本借り入れは自社ATMもしくは振り込みをしてもらう方法が利用しやすいかと思います。

 

返済に関しても、口座振替を設定しておくか、ローンカードがあればファミリーマートのFamiポートで返済する方法も選べます。

 

 

近所に自社ATMがあれば良いのでしょうが、ない会社もありますし、近所にはないという方も多いかと思います。

 

上記の手数料0円になる方法を上手に選択して、無利息サービスで得した分を無駄にしてしまわないように注意しましょう。


 

一時的にお金を借りることで失敗するパターン

 

一時的にお金を借りる理由や方法が以下のような場合には、非常に危険です。

 

一時的にお金を借りることで失敗しそうな人

 

ギャンブル用に使う

 

パチンコやスロットを趣味や生業にされている方も多いのが、2020年代の現在でも実状としてあります。

 

無利息キャッシングで借りてギャンブルで使う

 

冷静さを欠いてしまい、正常な判断ができないような状態でのキャッシングは危険です。

 

そういった方は、ギャンブルで取り返せば良いという発想になりやすく、無利息サービスで数千円を浮かせるといった発想自体そもそも無いかもしれませんが…。

 

消費者金融でお金を借りる際には、無担保・保証人なし、使途自由のフリーキャッシングです。

 

使い道が自由なので、一時的にお金を借りる事でギャンブルの軍資金にしようと考える方もおられるでしょうが、危険ですので止めましょう。

 

ギャンブル癖があり、消費者金融からの借り入れをしたくないけどしてしまう、止められない…。

 

そういった方の場合には信用情報機関が準備する「貸付自粛制度」を利用すると良いでしょう。

 

申告できるのはご本人だけとなり、ギャンブル等の依存症で借りすぐてしまうことを自分の力で止められない…。

 

そういった方が、自ら信用情報機関に自粛の要請をすることで、キャッシング会社に申し込みをしても審査に必ず落とされてしまうという状態を作ることができます。

 

闇金から借りる

 

一時的にお金を借りる際に、正規の貸金業者以外から借り入れをしてしまうと面倒なトラブルに巻き込まれやすくなります。

 

闇金から借りてトラブルに巻き込まれるサラリーマン

 

闇金と消費者金融を混同されている方がおられますが、消費者金融は財務省や都道府県知事の許可を得た正規の貸金業者です。

 

貸金業法を遵守することが義務付けられており、そうではない闇金とは全くの別物です。

 

利息に関しても、上述しましたが利息制限法で上限が決められています。

 

しかし、法律を無視した闇金業者であれば、利息はトイチやトサン、トゴといった10日で1割、3割、5割という計算になります。

 

これを年利に計算しなおしたら、いくらになると思いますか?

 

  • トイチ…年利365%
  • トサン…1095%
  • トゴ…1825%

 

大手の消費者金融が年利18%程度であるのに対し、闇金のトイチだと365%、トゴになれば1825%という膨大な利息が請求されることになります。

 

闇金の取り締まりが厳しくなったこともあり、最近ではソフト化した闇金が横行しています。

 

電柱やガードレールの張り紙だけでなく、SNSやメール等を使った勧誘手法で利用者を増やしている現状があります。

 

闇金の見分け方は、色々ありますが簡単な方法として「電話番号」が挙げられます。

 

固定電話ではなく、「携帯電話番号」で活動している金融業者は、ほぼ闇金だと判断すべきです。

 

貸金業者は必ず固定電話での営業活動が義務付けられているためです。

 

利息が異常に高いというのも見分け方として挙げられますし、貸金業登録番号をチェックして金融庁のHPでチェックするのも正確な方法となります。

 

まとめ

 

無利息サービスで一時的にお金を借りるまとめ

 

無利息キャッシングを何度でも利用出来たら、便利ですね。

 

「無利息期間だけ借りて返済されては、キャッシング会社は損するだけじゃないのかなぁ〜」

 

そんな風に考える方もおられると思います。

 

それでも、最初に無利息期間があるだけで1歩目のハードルが下がるのは確かですね。

 

一度使うと、その便利さに気づく人が多いため、キャッシング会社では最初に無利息期間を提供している会社が多いのです。

 

無利息だと聞くと、怪しいと思ってしまう方も多少はおられると思いますが、こういった理由からキャッシング会社はサービスとして私たち利用者に還元してくれています。

 

一時的にお金を借りる時などは特に、無利息キャッシングが非常に重宝します。

 

このページを読まれたあなたなら、一時的にお金を借りる際に無利息キャッシングを上手に利用できることでしょう。

 

もしもあなたが、無利息キャッシングで一時的にお金を借りたいのであれば、以下の大手のキャッシングサービスが安全で選ばれています。

 

↓安全な無利息キャッシング↓

このページの先頭へ戻る